UWBの優位性

UWB技術は、存在の検出から正確な位置情報の取得へと屋内位置測位の世界を変えます

正確な位置測位には、UWBに対応したシステムが最適です

 Ubisense Series 9000 UWB(Ultra Wide Band) センサーはアレイアンテナと 超広帯域 RF 受信機で構成される高精度 UWB 測位装置です。 センサーは Ubisenseタグから発信されるUWBパルスを検出し、Ubisense 位置測位シス テムが高精度でタグの位置を測位することができます。

正確な測位

UWB技術を使用することで、システムは反射波の影響を受けやすい屋内環境 においても高精度で位置を測位します。 Ubisense 位置測位システムは、タグ から発信されるパルスの到来角度 (AoA, Angle of Arrival) と到達時間差 (TDoA,Time Difference of Arrival) の両方を測位できる唯一のシステムで、最 低2台のセンサーがタグを検出できれば、正確に3次元トラッキング情報を 測位することができます。 これにより、設置に必要なインフラを低減しつつ、 最小限のコストで、システムの信頼性と堅牢性を確保します。

柔軟で拡張性の高いシステム構成

Ubisense はセル状のアーキテクチャを採用しているため、小規模 から大規模構成までシームレスに拡張することができます。 例え ば少数のセンサーで構成される「セル」を連携させることで、大きな 領域をカバーすることができます。 さらに数千のセンサーをエン タープライズ・レベルのシステムとして統合した場合、どのような 領域でも無制限にモニタリングでき、数千のタグをマネージするこ とができます。 また、センサーは様々な構成で接続することができ、アプリケーションの要件に応じて、測位精度と機器コストのバ ランスを取ることができます。

保守の容易さ

センサーは、イーサネット回線を介してリモート管理されます。

新しい機能が利用可能になった際には、ネットワークを介してセンサーにファームウェアをダウンロードすることで簡単にアップグレードすることができます。