SMDK (スイス、ケーリケン)

作業員の安全管理

課題

  • 汚染物質の除去に伴う有毒な粉塵、ガス、臭気の漏出を防止するため、ホール内に危険領域を設ける必要があった
  • 作業員の安全性が第一で、安全性を確保するための実用的な手段が必要だった

解決策

  • 各作業員のヘルメットに取り付けたRTLSタグの位置をリアルタイムに追跡し、危険エリア内にいる作業員の人数や正確な位置を把握
  • 火事などの緊急時に、正確な人数の把握や作業員の救出などに利用

導入効果

  •  危険エリア内にいる作業員の安全性が大幅に向上