Metro Transit (アメリカ、ミネアポリス)

バス発着所における管理作業の合理化を実現

課題

  • バス発着場ではバスを専任の監視員による誘導によって配備していた。
  • 従来の運行システムでは、バスの停車位置の登録に時間と手間がかかっていた。

解決策

  • 約1000台のバスにRTLSタグを取付け、発着場内での位置を追跡
  • バスが発着場に到着した際に、駐車位置の決定を支援
  • 運行車両を割り当てる際の意思決定を支援

導入効果

  • 5箇所のバス発着場において、専任の監視員が不要となった
  • リアルタイムに正確なバスの位置情報を得られるようになった
  • バスの発着時刻の決定支援とメンテナンス時間の短縮

事例紹介(動画)

◎ 車両基地管理ソリューション(TYM) (再生時間:50秒)