Honda(イタリア アブルッツォ州アテッサ工場二輪車製造)

重要部品を扱う作業の最適化により、生産性と品質の向上を達成

課題

  • 各作業ステーションで車両識別番号のラベルを手動でバーコードスキャンし、作業タスクのリストを呼び出す必要があった。
  • 重要部品を追跡するためのシステムがなく、追跡に時間と手間がかかっていた。

解決策

  • 車体に取付けたRTLSタグを追跡し、車体が各作業ステーションへ進入した際に、各作業ステーションで割り振られたタスクを生産計画システムから自動的に取得
  • 重要部品に取付けたRTLSタグにより、重要部品の位置追跡と部品補充のタイミングを通知

導入効果

  • 生産ラインにおける作業の最適化やエラーの削減
  • 重要部品の在庫補充の効率改善 ・長期的な品質向上と顧客満足の向上