適用事例

車両の識別

ドイツの大手自動車メーカーは、Smart Factoryに搭載されている高精度リアルタイム位置情報機能を使用して無駄な工数をなくし、複雑な工程ラインでのエラー防止に取り組んでいます。


リペアとリワーク

国際的に有名なトラクタメーカーは、Ubisense Smart Factoryの強力な位置情報機能とレポート機能を使用して、広いリワークエリアから目的の車両をすばやく探し出し、仕掛在庫を大幅に減らすことに成功しました。


サイドカーテンエアバッグ

Smart Factoryのパワフルな機能により、某日系大手自動車メーカーではサイドカーテンエアバッグの取付け工程に柔軟性がもたらされ、オペレーターは作業を前倒ししたり、後れを取り戻したりできるようになりました。


3列目シート

Ubisense Smart Factory システムにより、ドイツの高級車メーカーでは、既存の3工程を増やさずに、オプション仕様の3 列目シート取付け工程を追加できました。


エラー防止

Ubisense Smart Factoryの導入により、日系自動車メーカーは、米主要生産工場において、エンジンドレスラインで発生していたエラーおよびそれに関連した無駄の削減に成功しました。


ライン再調整

アメリカの大手自動車メーカーは、Smart Factoryの仮想資産識別機能により、固定識別装置を使用したラインおよび工程の再構成にかかる負担軽減とコスト削減に成功しました。


オフラインでのリワークの効率性

Smart Factory の高度な仮想工場モデリングとリアルタイムの空間モニタリング機能により、大手トラクタメーカーはリワーク部門におけるさまざまな効率性を改善することができました。


オフラインでの点検

Ubisense Smart Factoryにより、大手商用トラックメーカーでは作業集中による点検部門でのタクトタイム超過やボトルネックを事前に回避することに成功しました。